3DCGを始めるためにペンタブレットは必要な機材なのでしょうか?

Mar 09,2021 PM 19:22

4298

0


今のいたるところで3DCGと聞くと思いますが、実際によく分かっていない方は多いと思います。今回は3DCGとそれに関連情報を少し話したいと思います。


そもそもCGはコンピュータを使って描かれた図形や画像のことを指します。2DCGというものは縦横の空間、つまり平面で画像を制作することに対して3DCGは「縦」「横」「奥行き」の3方向が存在する画像を制作ことです。


                          


3Dデザイナーは、3Dモデルを制作するため様々なソフトが使用されています。この問題に対して「はい」か「いいえ」かを簡単に決めるわけにはいかない。多くの3DCGは制作する際にマウスだけで行うことができますが、3DCGデザイナーの創造力を最大限に発揮するためにペンタブレット/液晶タブレットが必要とする視点もあります。

 

「3Dモデリング」というアートワークを従事する3Dデザイナーに、ペンタブレットは不可欠ということが広く認識されています。伝統的な粘土彫刻と同様に、「3Dモデリング」は通常3D制作ソフトを使って、ポリゴンからをはじめとしてモデリングをおこないます。ポリゴンは三角形や長方形などの板のようなもので、ポリゴンを増やしていくことで物を形にしていくのです。Maya、Cinema 4D、Blenderなどのソフトはユーザーの都合に合わせて標準化「3Dモデリング」バッゲージなどを提供しています。なので、数多くの3Dデザイナーは標準化バッゲージを愛用されます。


unnamed.jpg

 

ペンタブを使えば、3Dデザイナーはもっと明確に3Dモデリングを行うことができます。従来の3DCG制作を敬遠されていた方には、よりアーティスティックな手法を提供します。さらに、ペンタブの筆圧感知の押す強さに応じて簡単に腕振って線を描き、3Dモデリングに対して貴重な機能であります。この筆圧感知機能がなければ形状の自由度が高いに3Dモデリングをすることは難しいでしょう。

 

3DCG xp-pen

                  (画像出典:https://c3dpoly.com/xp-pen-artist-series-review


また、ペンタブはマウスやトラックパッドに比べる使用すると、3Dデザイナーははるかに自然です。モデリングをした3Dモデルに色を塗る作業中にペンタブを使えば、幅と不透明度のリアリティーなストロークを作成することができます。この効果はマウスやトラックパッドなど機材では、実現するはずがないと思います。

 

ですが、ペンタブを使わずに3DCGを制作した方がいいという視点もあります。多くの3Dデザイナーの仕事中でペンタブと合わせてモデリングを行うこともないが、ZBrushやSubstance Painterなど使ってもちゃんと3DCGを作成できます。ペンタブは使うかどうかにもかかわらず、経験を積めば有名な3Dデザイナーになることは可能です。


0 Responses